FC2ブログ

特別委員会視察

 7月20日から22日まで公共交通調査特別委員会の視察に行ってきました。今回は、愛媛県松山市で路面電車やタクシーにおけるICカードの導入と踏切信号について。徳島県では、パークアンドバスライドについて。岐阜県大垣市では、養老鉄道におけるサイクルトレインについて視察してきました。

 松山市の伊予鉄道は、2005年、日本で初めて、ICカードを導入し、翌年には電子マネーに対応。地方発の交通系電子マネーとして展開を開始したそうです。現在では、伊予鉄道の電車、バス、タクシー、一部のコンビニ、自動販売機でICカードが使用できます。事業費は当初7億円(このうち、国と市の補助が総額で2億2300万円)、その後定期券や口座引き落としサービスの導入により3億円の事業費が追加され総事業費が10億円かかっていました。(最初の公費補助以外はすべて事業主負担)

 述べ発行枚数は35万枚、普段公共交通を利用する人はほとんどの人が持っているとのことで、今後は、自家用車から公共交通への移行を促し、ICカードの利用者を増やしていくことが課題とのことでした。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2021/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

つとむ

Author:つとむ
1981年都南村乙部(現在盛岡市乙部)生まれ 南仙北2丁目在住
乙部小・中学校、盛岡四校、釧路公立大学卒
2004年から盛岡医療生協川久保病院勤務
2007年25歳で盛岡市議初当選 現在3期目

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR