FC2ブログ

6月議会 学校施設の改修について

 市内の小・中学校の学校施設について教育委員会では、学校施設の維持管理計画を平成25年から5か年計画で立てており、現在その計画に沿いながら施設の修繕が行われています。
 
 しかしながら、私の母校である乙部中学校の屋根は元の色が分からなくなるほど錆がひどくなっており、校舎表側から見ると赤く染まっている状況です。このような状況の学校施設が計画に含まれていませんでした。

 そのため、学校施設の維持管理計画について、実態に即した計画とするよう見直しを求めました。また、仙北小学校の体育館について「雨漏り」が発生していることから、今年度行われる耐震工事と同時に体育館天井全体の改修について求めました。

 教育委員会は質問に対し、学校施設の維持管理計画については見直しを行っていくと答弁しました。また仙北小学校の体育館の天井全体の改修を耐震化と同時に行うことについては、補助金の関係から同時にはできないとの回答でした。(答弁にはなかったものの雨漏り箇所の修繕については来週実施予定です)

 乙部中学校の屋根については、再質問の中で、谷藤市長が屋根の塗装について「前向きに検討していてく」と回答しました。
スポンサーサイト



6月議会一般質問 学童保育支援員の処遇改善について

 6月議会一般質問が行われています。

 今回の一般質問では、学校施設の改修問題と学童保育クラブの課題や問題について質問しました。

 学童について、一つは、支援員さんの処遇改善についてです。

 子ども子育て支援新制度移行に関わり、処遇改善について国からの予算が計上されておりました。ただし、この予算は市が計画を立てないと処遇改善にはつながらないものです。

 私は、「全国でも支援員の賃金は7割が150万円以下という厳しい状況の中で働いている」と指摘し、処遇改善を実施するよう求めたところです。

 市長の答弁では、「国の予算の内容について、補助金を活用し、児童支援員の処遇改善を図り、人材確保につなげていく。その補助内容について不明な点があったことから現在内容について照会を行いながら内容が確認でき次第、放課後児童クラブ関係者の説明会を開催し、早急に実施していく」と答弁しました。

 支援員さんの処遇改善について今年度実施がされる見込みとなりました。
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

つとむ

Author:つとむ
1981年都南村乙部(現在盛岡市乙部)生まれ 南仙北2丁目在住
乙部小・中学校、盛岡四校、釧路公立大学卒
2004年から盛岡医療生協川久保病院勤務
2007年25歳で盛岡市議初当選 現在3期目

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR