10月議会

 10月5日から盛岡市議会定例会が開かれます。

 なお、一般質問は12日から行われ共産党市議団では

 12日、市長所信表明に対する代表質問を13時から庄子春治市議団長

 13日から一般質問が行われ、15時20分ごろから高橋和夫議員、14日10時から鈴木礼子議員、14時から神部伸也議員、そして、15時20分から私が質問します。

 議会は27日まで開かれ、各常任委員会で議案審査や決算審査が行われる予定です。
スポンサーサイト

クリーンエネルギーの町くずまきへ

 今日は、日本共産党岩手県議団と盛岡市議団で、葛巻町を訪れ、クリーンエネルギーの取り組みについて視察をしてきました。
 
 DSC04331_convert_20111004195503.jpg

 葛巻町は、人口約7400人の町で基幹産業は酪農と林業となっています。牛の飼育数は約11000頭と東北一の酪農郷で人よりも牛のほうが多い町となっています。

 今では、全国的にも有名となっていますが、葛巻町でのクリーンエネルギーの取り組みは、3・11東日本大震災による福島第一原発事故後、より一層注目が集まっています。

 1999年に葛巻町新エネルギービジョンが策定され、「天と地と人のめぐみを生かして」を基本理念のもとクリーンエネルギーの導入が進められてきました。

 現在風力発電は全部で15基設置されており、総出力は、22200kwとなっており、電力の自給率は160%を超えています。この風力発電ついては、電気の買い手があれば、25基まで増やしていきたいとのことでした。

 DSC04339_convert_20111004195352.jpg
 (風力発電を見てきましたが、この日は、なんと雪が降っていました)

 町民も一体となり、街中ソーラー街灯の取り組み、学校施設への太陽光パネルの設置など取り組み、今年度はコミュニティーセンターに太陽光パネルと蓄電器を25基導入するとのことでした。

 DSC04336_convert_20111004195656.jpg
(木質バイヲマス発電施設)

 木質バイオマスを活用した雇用創出など地域の特性を生かした、まさにエネルギーの地産地消の町といった感じがしました。

 クリーンエネルギーの転換について今回の葛巻町の取り組みを参考としながら、10月議会市議団の幹事長である鈴木礼子議員が取り上げる予定となっています。

 

 

 
09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

つとむ

Author:つとむ
1981年都南村乙部(現在盛岡市乙部)生まれ 南仙北2丁目在住
乙部小・中学校、盛岡四校、釧路公立大学卒
2004年から盛岡医療生協川久保病院勤務
2007年25歳で盛岡市議初当選 現在3期目

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR