スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡市議会高校生議会

 盛岡市議会で初めて高校生による議会が開かれ、市立高校の生徒約40名が参加しました。

 4つの常任委員会に分かれ、「住み続けたくなるまち盛岡市を目指して」をテーマに活発な議論が交わされました。

 高校生議会

 「スポーツ振興」「子育て支援」「盛岡市の観光振興」「交通政策に関わる道路整備」について4つの委員会で議論された後、本会議でそれぞれの報告がなされました。

 どれもが盛岡の現状や将来について真剣に考えられた内容であり、素晴らしいものでした。

スポンサーサイト

盛岡市議会議会報告会

 10日、11日に杜陵、巻堀姫神、中野、太田の4地域で盛岡市議会議会報告会が開かれました。

 私の担当は太田地域で、杜陵の報告会にはサポートして参加しました。

 DSC_0462.jpg
             (杜陵会場での議会報告)
 
 議会報告では、議会のあらましや3月議会の各常任委員会の報告などが行われた後に参加者から質問や意見が出されました。

 塗料では、道路問題や民生委員のなり手の問題。太田地域では紫波城跡古代公園の活性化や空き家、買い物難民の問題など多くの意見が出されました。

12月議会報告

 12月議会で、奨学金返還支援、免許返納、バスセンターの対応について質問しました。いくつか前向きな答弁がありましたので紹介します。

 今回の質問で6月議会に取り上げた保育士の奨学金返還支援制度の検討状況と実施について求めました。

 この間保育士の方々からお話を聞いてきた中で、奨学金の返済が大変である状況を目の当たりにしました。そのことを質問の中で紹介しながら来年度に向けて制度の実施を求めました。

 今回の答弁では、「市内の保育園に、平成28年4月以降に採用された保育士56名を対象として、奨学金の状況について調査したところ、23名が奨学金を返済中で、返済額は月額4千円から2万7千円という回答をいただいた。また、保育園関係者からは、新卒者等、まだ経験年数が少ない保育士にとって、奨学金の返済は、経済的な負担であることや、奨学金の返済のために保育士を辞め、給与の高い事務職などに転職したという事例を伺っている。このことから、待機児童の解消のための保育士の確保に取り組んでおります市にとりまして、奨学金の返還に係る支援は、有効なものと認識しており、現在、返還支援制度について検討している」と実施に向けて前向きな答弁があり、市長も「前向きに検討している」との答弁でした。

 来年度実施がなされるよう、今後も引き続き取り上げていきます。

3月議会一般質問 保育問題

 兄弟別園の解消を
 
 保育園の入所をめぐるトラブルの中に、保育園の整備が不十分なことにより特定の保育園への希望が殺到するような状況の中で、兄弟で同一の保育園に入所できない状況が生まれています。
 
 このような中で、「保護者の送迎の負担解消のために兄弟別園の解消を」と求めました。
 
 保健福祉部長は、「当市において兄弟で別々の保育園に入所しているのが平成28年2月1日現在で98世帯、209人別々の保育園に入所している。市では、保護者の負担の軽減や児童の保育環境のためにも兄弟の同一保育園の入所は望ましいと考えており、調整点の加算を行い同じ園への入所の可能性を高くするよう努めていく」と答えました。

 保育料軽減を

 政府の新年度予算では、子どもが3人以上いる低所得の家庭の支援策として、3人目以降の子どもの保育園、幼稚園の無料化、住民税非課税のひとり親家庭は保育料を1人目、2人目ともに無料化にすることとなっています。(現在の制度では保育園の場合1人目が卒園するとその下の子が保育料の軽減を受けられませんでしたが、その多子計算にかかる年齢制限を撤廃します)

 この支援制度を受けて、「この制度は年収360万円未満の世帯に限られている。市独自に支援策の拡充ができるのではないか」と求めました。
 
 保健福祉部長は、「当市では国の保育料負担軽減制度の対象となる世帯が、多子世帯で310世帯、ひとり親家庭では550世帯が対象となっている。市独自の支援策については、盛岡市まち・ひと・仕事創生総合戦略の中で第三子以降の保育園・幼稚園の保育料無償化事業を検討することとしており、他都市の取り組みを参考にしていく」と答えました。

 

3月議会一般質問 上大ケ生地域の水道確保を

 上大ケ生地域は未給水地域で現在57世帯の方が生活しており、飲料水や生活用水に沢水を使用しています。

 そのため「洗濯機の水がたまらず洗濯ができない」「コンビニの水を買って赤ちゃんのミルクを作っている」など生活に支障が出ています。

 鈴木努議員は、「玉山地域で行われる飲用井戸等整備事業を上大ケ生地域でも実施を」と求めました。
 
 環境部長は、「平成28年度から玉山で実施する補助事業の実施状況を検証しその状況について上大ケ生地域の皆さんに情報提供を行い、未給水地域の解消に向けた対応について懇談していく」と答えました。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

つとむ

Author:つとむ
1981年都南村乙部(現在盛岡市乙部)生まれ 南仙北2丁目在住
乙部小・中学校、盛岡四校、釧路公立大学卒
2004年から盛岡医療生協川久保病院勤務
2007年25歳で盛岡市議初当選 現在3期目

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。